キュウプロダクツではZW3Dminiで作成したデータを出力する3Dプリンターや3D形状の下絵として必要な3Dスキャナーの販売もしています。

​Contactページよりお見積り依頼お願いします。(価格に自信あり)

3Dプリンター(FDMタイプ):米Microboards社 Afiniaシリーズ

Afinia H+1​  35万円(税別)

​造形サイズ 幅255x奥行205x高さ225mm

ノズル温度:299℃まで可能

ベッド温度:100℃まで可能

フィラメント直径:1.75mm

​フィラメント材料によって付属3種のエクストルーダを交換可能(6角穴付M4ネジ1本で交換)

造形ベッド着脱式:2種付属

穴あきPerf Glass Board

ビルドシート付Flex Glass Board

AfiniaシリーズはABSフィラメントでの造形が安定して行えます。

​理由はベッドからのラフト浮きを最小にする穴あきPerf Glass Boardの採用です。

また、ポリカーボネイト樹脂・カーボン含有ナイロン樹脂フィラメントで

安定した出力が可能です。ポイントはノズル温度が高速で300℃まで上昇できる

​ことです。他のブランドの3Dプリンターでは300℃まで上げるのにかなり時間のかかるものもあります。

H+1にはエクストルーダが3個付属します。ABS/ポリカ/ナイロン/PETGに最適なABS用、PLAに最適なPLA用、TPU/TPE軟質フィラメントに最適なTPU用。

​簡単に交換できることで、もしもの材料詰まりの時の予備エクストルーダ(別途オプション)を用意しておけば3Dプリンターのダウンタイムが最小になります。

豊富なフィラメントに対応可能なので、さまざまな試作・製作にご使用いただけます。

​→マイクロボードWEB

3Dスキャナー:中国SHINING 3D社 EinScanシリーズ

EinScan-Pro 2X​  88.9万円(税別)

​1.同価格帯ではNo1のコストパフォーマンスと実用性を実現

2.操作も簡単で、穴埋めや位置合わせも行うソフトウェア

​3.ハンディースキャンだけでなく、オプションを利用すると固定スキャンも可能(インダストリアルパック)

​4.カラーテクスチャのスキャンも可能(オプション)

5.シーメンスPLMのSOLIDEDGE SHINING 3D EDITIONが

​付属(この3D-CADだけで買取150万円程度)

EinScan-Pro 2X Plus​  109万円(税別)

​1.基本機能は上記EinScan-Pro 2Xとほぼ同じ

2.オプションの「HD PRIME」を使うとマーカーなしで高精度なハンディースキャンが可能

​3.「HD PRIME」は2X Plusだけに接続可能

​4.2Xと比較して大きな対象物もハンディースキャン可能

5.小物を精度よく撮影するには2X、人体や大きな対象物を撮影するには2X Plusという使い分け

3Dスキャンの手順

3Dスキャンしたい対象物を用意する。

今回は干支瓦の馬を用意。

ハンディースキャン(手に持って撮影)を行うので、

​マーカー(目玉シール)を適宜貼る。規則正しくよりはランダムに貼った方が良い。

スキャナーを動かしながら干支瓦を撮影。馬のレリーフを欠落なく再現するには「面法線」にしっかりとスキャナー光線を当てることが重要。

しっかりと時間をかけて撮影する。この干支瓦の場合、約30分~40分時間をかけた。

​撮影されたデータは「点群」。スキャンソフトが擬似的に面貼りして見せている。撮影後にSTL形式に変換。変換したままの状態は画像のようにゴミデータが混じる。穴あき箇所は手作業で塞ぐ。(画像は付属ソフトEXSCAN PROではなくGeomagic Essentials)

以上が3Dスキャナーでの基本撮影。スキャンしたデータは撮ったままだとほとんど使い物にならない。(ゴミデータの除去や光が届かず面抜けした箇所の手動修正が必要。

​CGソフトやスカルプト系のモデラーでの修正が必須です。)

EinScan-Pro 2X​ Geomagic Essentialsパック  155万円(税別)

EinScan-Pro 2X​ Plus Geomagic Essentialsパック  175万円(税別)

​1.3D-CADとの連携にはCAD上で押出追加・カットが出来るようにソリッド形式のデータへの変換が必須です。このパックは3D Systems社の3Dスキャナー補完ツール「Geomagic Wrap」の機能限定版、「Geomagic Essentials」がセットになっています。

2.Geomagic Essentialsは面抜けの修正、ゴミポリゴン除去、ポリゴン面からのNurbs面抽出機能を持ちます。ポリゴンからIGESデータ(3D-CADで使えるデータ)が抽出できるので、ここで初めて3D-CADとの連携が可能となります。

画像はゴミポリゴン除去などデータ修正を行った上でCADデータに使えるNurbs変換を行った干支瓦。

「Geomagic Wrap」自体も100万円程度するソフトなのでEinScan-Pro 2X​ Geomagic Essentialsパックは、ほんとうにお得なパッケージです。

※3D-CADとの連携にはこちらのパックが必要です。

作成したNurbsデータをZW3Dminiにインポートし、ソリッド形状をサーフェスカットした例。

このように3Dスキャナーで取り込んだデータを、3D-CAD設計データと合わせることで有機的な形状を3D-CADで表現することが可能となります。

​もちろんCADのソリッドデータなので金型作成などに使えるデータです。

今まで300万円程度した3Dスキャナーが100万円台で購入できるようになりました。

​→マイクロボードWEB

3Dプリンター(液体レジン硬化タイプ):米Formlabs社 Form3シリーズ

Form3コンプリートパック​  68.3万円(税別)

​造形サイズ 幅145x奥行145x高さ185mm

積層ピッチ:25-300ミクロン

XY解像度:25ミクロン

レーザースポットサイズ:85ミクロン

LFSレーザー走査線方式

セット内容:

本体、洗浄セット1式、専用自動洗浄装置「Form Wash」、専用2次硬化装置「Form Cure」

Form3シリーズは背面にセットされたレジンタンクから材料が自動供給されるので、造形中の材料切れが起こりません。

専用の洗浄機、2次硬化装置を使うので毎回安定した造形物が製作できます。

豊富な材料ライブラリで、さまざまな試作・製作にご使用いただけます。

​→ヨコイトWEB